読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niiyan's blog

niiyanの個人ブログ。

DigitalClock24: デジタル時計風の字幕を追加する関数

DigitalClock24 は、ビデオクリップ上にデジタル時計風の字幕を追加する AviSynth 用の関数です。

再生すると、1 秒進むごとに字幕の時間も 1 秒ずつ増えていき、24 時間ごとに 0 にリセットされます。オフセット(秒単位)を指定して任意の時間からカウントを開始したり、システム時間からカウントするように設定することも可能です。

フォントを調整すれば、このように海外ドラマ「24」みたいな感じにすることもできます。

2006-02-11 追記)ShowTimeCode 関数にも、オフセットとシステム時間の取得機能を追加しています。これにより、ShowTimeCodeでも、DigitalClock24 と同等のことが実現可能になりました。

ダウンロード

DigitalClock24.zip - Windows Live

(2007-10-23 追記)ZIP 形式で圧縮したものに差し替えました。内容に変更はありません。

使用例

基本的な使い方は Subtitle フィルタと同じです。

ここでは、Subtitle にはない offset と nowtimeという 2 つのオプションの使用例のみ紹介しておきます。

offset, nowtime 指定なし

Import("DigitalClock24.avs") # AVSのインポート
BlankClip(150,320,240,fps=29.97) # ソースクリップ
DigitalClock24(80, 130, "7barP", 48, $ffcc33)


digiclock24.mpg - Windows LiveMPEG-1, 5秒, 254KB)

offset のみ指定

Import("DigitalClock24.avs") # AVSのインポート
BlankClip(150,320,240,fps=29.97) # ソースクリップ
DigitalClock24(80, 130, "7barP", 48, $ffcc33, offset=60*60*23+60*59+56)


digiclock24_offset.mpg - Windows LiveMPEG-1, 5秒, 254KB)

offset は秒単位で指定します。この場合、60*60*23+60*59+56 秒、つまり 23 時間 59 分 56 秒を追加した状態から、カウントが開始されます。

nowtime のみ指定

Import("DigitalClock24.avs") # AVSのインポート
BlankClip(150,320,240,fps=29.97) # ソースクリップ
DigitalClock24(80, 130, "7barP", 48, $ffcc33, nowtime=true)



digiclock24_nowtime.mpg - Windows LiveMPEG-1, 5秒, 254KB)

nowtime=true に設定すると、システム時間が開始時間として設定されます。MediaPlayerで再生すれば、デジタル時計としても使えるかもしれません。

使用上の注意

  • AviSynth がインストールされている必要があります(AviSynth 2.5.6a で動作確認)。
  • 使用するときは、DigitalClock24.avs をメインの AVS ファイルにインポートしてください(上記の使用例を参照。DigitalClock24.avs と メインの AVS を同じディレクトリに置けば、パス指定の必要はありません)。
  • 動作無保証。

謝辞

サンプル動画とサンプル画像用に、TRO庵7セグメントフォント SEVENBAR を使わせていただいています。

広告を非表示にする