niiyan's blog

niiyanの個人ブログ。

タイムコードをフレーム番号に変換する関数

説明

タイムコードを利用する関数集。フレーム番号に変換する関数(TimeCode)と、それを利用した選択範囲指定関数(TrimTC)を含む。

ダウンロード

timecode.zip - Windows Live (ZIP 形式で圧縮)

TimeCode関数

TimeCodeはタイムコードをフレーム番号に変換する関数です。

書式
TimeCode(clip clip, string timecode)
引数
  • clip: ビデオクリップ。
  • timecode: タイムコード。HH:MM:SS:MSという形式で記述する。
使用例
TimeCode("00:00:00:033") # 29.97fpsのクリップなら、1を返す。

TrimTC関数

TrimTCは、TimeCode形式で選択範囲の開始点と終了点を指定する関数です。TimeCodeとセットで使用します。

書式
TrimTC(clip clip, string start, string end)
引数
  • clip: ビデオクリップ。
  • start: 選択開始時間。
  • end: 選択終了時間。
使用例
TrimTC("00:00:00:000", "00:02:36:623") # 29.97fpsのクリップなら、Trim(0,100)と同じ。

注意

  • エラー対策は一切していません。
  • 動作未保証。
広告を非表示にする